リゼロ新編集版でカットされた重要シーンとは?

リゼロ「新編集版」でカットされた重要なシーンを紹介します。Re:ゼロから始まる異世界2016年にテレビアニメ放送されました。2020年7月からアニメ2期の放送が始まります。

『Re:ゼロから始める異世界生活』が見放題の
≪おすすめ動画配信サービス≫
U-NEXT

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 Ex5 緋色姫譚!
大人気Web小説、外伝!
最新刊2021年9月25日発売です!
プリシラ様好きまら迷わずこちらをクリック!


Re:ゼロから始める異世界生活 Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J)
「昔、昔、あるところに、それはそれは美しく、可憐で、愛らしい娘がいた」
『神聖ヴォラキア帝国』、そこは弱肉強食の掟が活きる四大国最大の国家。
強者が尊ばれ、弱者が虐げられる帝国の鉄則に例外はない。
それがたとえ、帝国の頂点たる皇帝だろうと。
ヴォラキア皇族の一人、プリスカ・ベネディクト――まだ幼く、
しかし聡明な彼女に降りかかったのは次代の皇帝を決める『選帝の儀』。
兄弟姉妹で殺し合い、最後の一人となったものが次なる皇帝となる血の闘争、
それは残酷なまでに美しい宝剣の炎に照らされ、開幕する。
「どうあろうと関係ない。――世界は妾にとって、都合の良いようにできておる」
強者の理が全てを蹂躙する帝国史の一幕。
――緋色の姫よ、焼き尽くせ。己が運命の障害を。

重要なシーンがカット?

テレビアニメの「リゼロ」は2016年に放送されました。そしてアニメ2期が始まるのに合わせて「新編集版」として1時間番組に再編集され「新規カット」を加えて2020年1月から放送されています。

もともとテレビアニメ1期は、原作でいうと「第三章」までが映像化されました。しかし、尺の関係なのかそれともアニメ2期がもともと考えられておらず、1期で完結しても良いように作られた感があります。

初めからそう考えてアニメ1期が作成されているならば、原作を知らない一視聴者からすれば、アニメの枠に収まらない後々のための伏線なんてないほうが見てるほうからすれば後味がすっきりしますよね~。

そのため、後々のストーリー上で重要(伏線)になってくるであろうシーンがカットされてしまっているんです。

カットされた重要シーンとは?

まずとても重要なのにカットされたシーンがあるんです。

それは王選候補者が王都に集められるとき、スバルはエミリアに王戦の場にはこずに留守番(ゲートの治療)をしてほしいと約束を交わした後、王城へ忍び込むために果物屋の主人カドモンに会いに行きます。

会いに行った理由は、ロム爺と連絡を取りたいためです。カドモンの果物屋についたとき、「待ってたぜ」と話しかける男性「アル」が現れます。

「アル」は王城へ入りたいならついてこいと言い、スバルは豪奢な竜車に乗り込みます。そこにいたのは同じ王選候補者の「プリシラ」です。


重要シーンは「アルデバラン」の過去!

その竜車の中でとっても重要なシーンがあるんです。それは「アル」が片腕であることを知ったスバルが放った言葉から始まります。

「その腕、どこで落っことしてきたかデリカシーのないこと聞いていいか?」
「いいぜ? 気になるだろうからよ。異世界の洗礼ってやつだ。兄弟にとっても、他人事じゃぁ済まねぇ話だもんな」
「──あ?」
「なんだぁ、オイ? まさか、気付いてねぇのかよ。オレが兄弟にとって、苦悩を分かち合えるたった一人のお仲間だってことによ」
「──は」
「待て。……待て。苦悩を分かち合えるって……あんた、いや、本当に?」
「信じらんねぇのも無理ねぇよ。オレも昨日は耳を疑ったもんだ。袖振り合うも多生の縁だの、赤い糸だの……聞いたのももう、十八年ぶりぐれぇだからな」
「じゅ……っ!?」
途方もない年月を聞かされて、スバルは思わず声を詰まらせる。スバルが召喚されて、現実時間ではおよそ一ヶ月。だが、今のアルの発言が正しいのならば、
「そうだよ。オレが召喚されたのは、もう十八年も前だ。腕をなくしたのも同じ時期……今の兄弟と、そう変わらねぇ年頃のときのこった」
あっけらかんと、アルは自分がスバルと同じ境遇であることを告白する。
しかし、スバルはそれを安易に仲間が見つかったと喜ぶことはできない。
アルのその壮絶な十八年の結果が、そうさせる気力をスバルから奪っていた。
「原因、とかは……わかって……?」
「そりゃ腕なくした原因か? それとも召喚か? 腕の方なら、まだ右も左もわからねぇ頃だからな。普通にヘマした。召喚の方なら……それは、今もわからねぇ」
「────」
「積極的にこの世界に呼ばれた理由を探してはねぇよ。……生きるのに、必死だった」
十八年という時間、アルは異世界で生き抜いてきたのだ。スバルのように、出だしからエミリアのような良縁に恵まれることなど、そうそうあることではない。腕をなくしたことも、生きるのに必死で時間を忘れることも、他人事ではないのだ。
ナツキ・スバルはあれほど過酷な道を歩いていながらも、幸運であったのだ。

これは、アニメで放送されなかったシーンの一部抜粋になります。重要なのは書かれている内容です。

「アル」は18年前にこの異世界へ召喚されていたのです!

アニメでは一切触れられていない内容なんですが、このシーン超重要なんです。後々いろんなシーンにかかわってきますんで!!

まとめ

今回は、テレビアニメ1期及び新編集版でカットされてしまった内容について紹介しました。

スバル以外にも異世界召喚者が確定でいた事実ってかなり重要だと思いませんか?この内容を原作小説で読んだときは相当な衝撃発言だと感じました。カットされた重要シーンは、ほかにもありますので、また改めて紹介させていただきますね!

ちなみにカットされた重要なシーンが載っている原作小説はこちらです。
もっと詳しく知りたい方はこちらをどうぞ!