「リゼロ」オットーの声優は誰?

「リゼロ」オットーの声優は誰なのか?気になったので調べてみました。

Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)の第2期が2020年4月から始まりますよ!

非常に残念ですが、放送時期が2020年7月からに延期されました。
以下、オフィシャルサイトでの発表内容になります。

平素より『Re:ゼロから始める異世界生活』に多大なるご声援を賜り、誠にありがとうございます。 2020年4月より放送開始を予定しておりました『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期につきまして、世界的な問題となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、制作スケジュールに大きな影響が出ていることから、やむを得ず放送開始を延期させていただくことになりました。 現状では7月からの放送を予定しておりますので、放送日時の詳細が決まりましたら、公式サイトおよび公式Twitter(@Rezero_official)にて改めてお知らせをいたします。 作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 2020年3月9日 Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

http://re-zero-anime.jp/news/

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 27巻!
大人気Web小説、未知と邂逅する七章開幕。
最新刊2021年6月25日発売です!
いますぐ予約はこちらをクリック!


Re:ゼロから始める異世界生活 27 (MF文庫J)
「──旦那くん、しかめっ面はいけないよ」
意図せずヴォラキア帝国へ飛ばされたナツキ・スバルは、
その地でついに目覚めたレムと再会する。
しかし喜びも束の間、二人は帝国全土を巻き込む巨大な内乱に巻き込まれることに。
玉座を追われた皇帝、ヴィンセント・アベルクスと対峙するスバルは、
レムを連れてルグニカ王国への帰還を誓う。
だが、乗り込んだ城郭都市でスバルを襲ったのは、予測不可能に迫りくる『死』の螺旋と、
突き付けられる自らの選択、その残酷なる結果だった。
「お前さんは俺と同類だ。――時間はやらない」
大人気Web小説、執念と因縁の二十七幕。
――蝕まれる。自らの選択で撒いたその毒に。

オットーを演じている声優さんは誰なのか?

リゼロのオットーを演じているのは「天﨑滉平(あまさきこうへい」さんです。

所属はアイムエンタープライズ。出身は大阪府摂津市になります。高校時代にテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」をみてアニメにハマったそうです。

事務所の同期は、内田雄馬さん、小澤亜李さん、長縄まりあさん。

最近では「異世界チート魔術師」で主人公の西村太一役を演じられてました。しかもその時のヒロインは「リゼロ」のヒロインでもある高橋利依さんです。最近、特に大活躍されてますね!

オットー・スーウェンとは?

スバルより一つ二つ年上に見える細面に灰色の髪をした行商人の青年。背丈はスバルと比べてやや低くなかなか整った顔つきをしている。ちなみに誕生日は3月24日です。

そこそこの商家の次男坊として生まれ、小さい頃はそれなりに裕福に育った。しかし家を継ぐのは長男である兄。将来が不安になったオットーは、兄の経営を手伝いながら商業の基礎を学び、独立。生まれ持った加護「言霊の加護」(いろんな動物とも会話できる)を持つ。

商人らしく打算的にふるまっているが、心根は思いやりのある性格で少し抜けたところもある。


第三章ではモブキャラだったけど・・・

初登場は「第三章」で大量に仕入れた油が見込み違いで売れず、困っていたところにスバルから持ち掛けられた移動手段としての足を行商人としてお金で請け負うところから始まる。

「第三章」ではスバルに巻き込まれたせいで何度も死んでいる。結果的にスバルの「死に戻り」で何とか乗り越えることができた。第三章の最後は「言霊の加護」を活用しスバルとエミリアを助けた。

「第四章」に入ると、一気に登場回数が増え大活躍する。第四章でもオットー無しでは乗り越えることができなかった事柄が多数ある。またいつの間にか、エミリア陣営に引き込まれ、内政官として就任する。

スバルにとっては異世界に召喚されてから初めて年の近い友人。窮地を救ってくれたスバルに恩義を感じているが、彼が万能ではなく人並みの人間であることを理解しており、スバルを支えるべく対等な友人であろうと努めている。

オットーの強さは?

オットーと同じくらいの強さは誰か?と考えてみるとロム爺やフェリスあたりと同等の強さになるでしょう。あくまで一般人には負けない程度の強さですね。

オットーは非戦闘員と言っても良いでしょう。

まとめ

リゼロのアニメ2期は「第四章」から始まります。

第三章以上に第四章は「オットー」が大活躍します。最強との戦いのシーンがどのように映像化されるのか、楽しみです!