「リゼロ」スバル死後の世界はどうなっているのか?

「リゼロ」スバルの死後の世界が続いていたらどうなっていたのか?気になったので調べてみました。

Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)は小説家になろうサイトからスタートした異世界召喚ファンタジー物語になります。

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 Ex5 緋色姫譚!
大人気Web小説、外伝!
最新刊2021年9月25日発売です!
プリシラ様好きまら迷わずこちらをクリック!


Re:ゼロから始める異世界生活 Ex5 緋色姫譚 (MF文庫J)
「昔、昔、あるところに、それはそれは美しく、可憐で、愛らしい娘がいた」
『神聖ヴォラキア帝国』、そこは弱肉強食の掟が活きる四大国最大の国家。
強者が尊ばれ、弱者が虐げられる帝国の鉄則に例外はない。
それがたとえ、帝国の頂点たる皇帝だろうと。
ヴォラキア皇族の一人、プリスカ・ベネディクト――まだ幼く、
しかし聡明な彼女に降りかかったのは次代の皇帝を決める『選帝の儀』。
兄弟姉妹で殺し合い、最後の一人となったものが次なる皇帝となる血の闘争、
それは残酷なまでに美しい宝剣の炎に照らされ、開幕する。
「どうあろうと関係ない。――世界は妾にとって、都合の良いようにできておる」
強者の理が全てを蹂躙する帝国史の一幕。
――緋色の姫よ、焼き尽くせ。己が運命の障害を。

スバルの死後の世界があったなら?

リゼロでは異世界に突然召喚されたスバルが「死に戻り」の力をもって、最悪の結末を回避していく物語となっています。

そのため、物語中では何度もスバルは「死に戻り」します。当人であるスバルは死んだ瞬間セーブポイントへ戻っているので、自分の死後の世界のことを知る方法はありません。

また、世界を繰り返しているスバルは自分の死後も世界が続いているとは考えたことも無かったことでしょう。しかしそのストーリーが存在します。

スバルの死んだ後も世界が続いていたなら?

IFの世界(もしも)スバルが死んだ世界もその後に続いているとしたら?

スバルが「死に戻り」の力を行使して、よりよい未来のために死んだ後の世界を知ってしまったら?

恐ろしいことですが「第四章」墓所の試練においてスバルは「自らの死後の世界」を強制的に見せられます。


スバルが死んだ後の周りの反応は?

大罪司教ペテルギウス・ロマネコンティを討伐後

大罪司教ペテルギウス・ロマネコンティを討伐し、エミリアを救った後レムの喪失を初めて知ったときの、スバルの短絡的な行いの結果の自殺。その後の世界は・・・

ペテルギウスとの二度目の戦いの後

――ペテルギウスとの二度目の戦いで、奴の憑依を破ることができず、スバルの肉体ごと狂人を滅ぼしたときの、その後の結末を見せられる。

呪術の呪いによりレムが死んだ世界の後

呪術の呪いによりレムが死んだ世界でスバルが転落死した後の世界は・・・

「死に戻り」を打ち明けてエミリアを死に追いやった後

「死に戻り」を打ち明けてエミリアを死に追いやり、現界したパックに氷漬けにされ死んだ後の世界・・・

盗品蔵でエルザにスバルは腹をさかれた後

盗品蔵でエルザにスバルは腹をさかれ、さらにもっとも見たくなかったエミリアも死んだ後の世界・・・

呪術の呪いにより死にそうになった後

呪術の呪いにより死にそうになって、屋敷を徘徊していた時、鉄球により無残に殺された後の世界・・・

まとめ

スバルの死後の世界が続いていて、残された面々がどうなっていくのか?もしスバルの対馬に自分がいたらきっと耐えられないでしょう。

自分のいない世界を見せられるなんて、なんとも恐ろしい話ですね。

詳しく知りたい方は、原作書籍小説の12巻に半分ほど載っています。

書籍にない分はWEB原作の第四章70辺りから記載されていますので、どうぞ!