リゼロ「レム死亡」ってホント?徹底検証!

リゼロ「レム脂肪」ってホントなのか?徹底検証してみました。まず異世界転生ファンタジー物語として2016年にテレビ放送されていた「Re:ゼロから始まる異世界生活」(通称リゼロ)

実はアニメ放送前の評判は決して高いものではありませんでした。

ところが、アニメ放送が進むにつれて先の読めないスリリングなストーリー、そして魅力的な登場キャラクター達によって人気は爆発しました!

そんな魅力的なキャラクターの中でも、メインヒロインである「エミリア」とともに大人気のキャラクターが「レム」です。

「レム」は見た目の可愛さももちろんですが、献身的で嫌みのない性格・そして萌えセリフの数々によってファンの心を鷲掴みにして離さないんです。

以降の記事にはネタバレの内容が含まれています。

2020年7月から始まるリゼロ2期(二期)までネタバレはちょっとという方にはお勧めできません。

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 27巻!
大人気Web小説、未知と邂逅する七章開幕。
最新刊2021年6月25日発売です!
いますぐ予約はこちらをクリック!


Re:ゼロから始める異世界生活 27 (MF文庫J)
「──旦那くん、しかめっ面はいけないよ」
意図せずヴォラキア帝国へ飛ばされたナツキ・スバルは、
その地でついに目覚めたレムと再会する。
しかし喜びも束の間、二人は帝国全土を巻き込む巨大な内乱に巻き込まれることに。
玉座を追われた皇帝、ヴィンセント・アベルクスと対峙するスバルは、
レムを連れてルグニカ王国への帰還を誓う。
だが、乗り込んだ城郭都市でスバルを襲ったのは、予測不可能に迫りくる『死』の螺旋と、
突き付けられる自らの選択、その残酷なる結果だった。
「お前さんは俺と同類だ。――時間はやらない」
大人気Web小説、執念と因縁の二十七幕。
――蝕まれる。自らの選択で撒いたその毒に。

レムが死亡するってホントなの?

ストーリーが進んでいく中で、レムが死亡することは実はあります!しかも「4回」も!

スバルによって「レム」の死亡はなかったことになってますし、死に戻り前のことをいうのであれば、ほかのキャラクターも何回も死亡してしまっています。

ではなぜ「レム死亡」というのが話題になっているのでしょう?

レム死亡説が出たのはなぜか?

レム死亡説が出たのはもちろん人気が高いキャラクターということもあります。

しかし一番の要因があるんです。

その要因というのは、2016年にテレビ放送された内容には含まれていません!

2016年にテレビアニメ化された「リゼロ」ですが、アニメ2クール全25話で作成されました。

リゼロアニメ1期の最後は、スバルがエミリアに膝枕された状態で、めでたしめでたしとハッピーエンドで終了しています。

ストーリーとしては第三章までの内容になっています。

しかし、原作には続きがあります!!

そして膝枕でハッピーエンドではないんですね、これが!

原作では、膝枕しているエミリアが第三章で欠かすことのできなかった人物である「レム」のことを忘れてしまっていることにスバルは気づきます。

忘れてしまっている原因は、白鯨戦の後にスバルたちと別れてクルシュたちと都へ戻っていたレムたちが大罪司教に襲撃されたためです。

スバルがペテルギウスと死闘を繰り広げている間に、クルシュとレムは大罪司教である「強欲」レグルス・コルニアスと「暴食」ライ・バテンカイトスの2人に襲われ、「クルシュ」は記憶喪失に、「レム」は名前と存在を奪われたうえ昏睡状態となってしまったのです。

レム死亡説はこの襲撃によってレムが死んでしまったという勘違いが要因でしょう。

2020年1月から「新編集版」リゼロが放送されていますが、2020年4月から始まる「リゼロアニメ2期」へ話をつなげられるように最終場面が変更される可能性があります!


「レム」ってどんな娘なの?

レムにはラムという双子のお姉さんがいてます。
亜人であり、鬼族の生き残りです。

ちなみに誕生日は2月2日です。

レムの性格は原作者である長月達平先生いわく
「レムはそこそこ信頼と実績の先走り、わりと一人で抱え込みがちなのでラムにもほぼ相談しません」

レム・ラムの名前は80年代の某アニメから?
ラム=うる星やつらのラムちゃん
レム=ドリームハンター麗夢(レム)

まとめ

リゼロのなかで、2人目のヒロインと言って過言ではない「レム」は、拠点となる屋敷のメイドの一人。

第二章から登場するんですが、始めは突然乱入してきたスバルのことが信用できないでいました。

スバルの「死に戻り」1回分はレムのせいです(モーニングスターで撲殺してます)

しかし、その後の魔獣騒動を経てスバルに全幅の信頼をよせます。

その後の「レム」のデレ具合と可愛さが鬼がかってます!

「はやく元気なレムの活躍が観たい(読みたい)」

そう思っているのは、私だけではないはずです!!