【リゼロ】漫画のネタバレ!

Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)の漫画(コミカライズ)のネタバレ記事になります。

2020年4月からテレビアニメ2期が始まる「リゼロ」ですが、原作でいうと「第四章」にあたります。

非常に残念ですが、放送時期が2020年7月からに延期されました。
以下、オフィシャルサイトでの発表内容になります。

平素より『Re:ゼロから始める異世界生活』に多大なるご声援を賜り、誠にありがとうございます。 2020年4月より放送開始を予定しておりました『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期につきまして、世界的な問題となっている新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって、制作スケジュールに大きな影響が出ていることから、やむを得ず放送開始を延期させていただくことになりました。 現状では7月からの放送を予定しておりますので、放送日時の詳細が決まりましたら、公式サイトおよび公式Twitter(@Rezero_official)にて改めてお知らせをいたします。 作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 2020年3月9日 Re:ゼロから始める異世界生活製作委員会

http://re-zero-anime.jp/news/

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 27巻!
大人気Web小説、未知と邂逅する七章開幕。
最新刊2021年6月25日発売です!
いますぐ予約はこちらをクリック!


Re:ゼロから始める異世界生活 27 (MF文庫J)
「──旦那くん、しかめっ面はいけないよ」
意図せずヴォラキア帝国へ飛ばされたナツキ・スバルは、
その地でついに目覚めたレムと再会する。
しかし喜びも束の間、二人は帝国全土を巻き込む巨大な内乱に巻き込まれることに。
玉座を追われた皇帝、ヴィンセント・アベルクスと対峙するスバルは、
レムを連れてルグニカ王国への帰還を誓う。
だが、乗り込んだ城郭都市でスバルを襲ったのは、予測不可能に迫りくる『死』の螺旋と、
突き付けられる自らの選択、その残酷なる結果だった。
「お前さんは俺と同類だ。――時間はやらない」
大人気Web小説、執念と因縁の二十七幕。
――蝕まれる。自らの選択で撒いたその毒に。

リゼロ漫画は何巻から?

まず、テレビアニメ2期は原作小説の10巻からにあたります。9巻で「第三章」が終了し10巻から「第四章」が始まるからです。

そして漫画(コミカライズ)は現在のところすべて章ごとに刊行されています。

  • Re:ゼロから始める異世界生活 第一章 王都の一日編    全2巻
  • Re:ゼロから始める異世界生活 第二章 屋敷の一週間編   全5巻
  • Re:ゼロから始める異世界生活 第三章 Truth of Zero   全11巻
  • Re:ゼロから始める異世界生活 第四章 聖域と強欲の魔女  既刊1巻

そのため、テレビアニメ2期に該当するストーリーは「第四章 聖域と強欲の魔女」になります。現在コミックアライブで絶賛連載中です!

「リゼロ」漫画のネタバレ

今回は「Re:ゼロから始める異世界生活 第四章 聖域と強欲の魔女」の最新話である「第6話 菜月家の朝」のネタバレになります。

意識を失ったスバルが目覚めると、そこは見慣れた実家の自分の部屋それも上半身裸のおっさんにプロレス技をかけられて目覚めた。そうこの半裸のおっさんは「菜月賢一」スバルの実父だ。その後、せわしなく起こされたスバルは実母である菜月菜穂子と家族そろって3人で朝食をとる。不登校真っ最中のスバルを賢一(父)が

「ちょっと外で親子トークと洒落込もうぜ」

と強引に外へ連れ出す。散歩がてら歩いていると、出会う人すべて賢一と親しげだ。スバルは父親の底知れない顔の広さに辟易する。公園のベンチで二人並んで腰かけていると不意に賢一が切り出した

「好きな子いるのか?」と。

その問いかけを聞いた途端スバルは激しい頭痛に襲われる。そして思い出す。

「好きな子、できたよ、だからもう大丈夫だ」と。

すべて思い出した。不登校になった理由も、スバルは小さい頃は運動も勉強も人並み以上に上達が早かった。まわりから「やっぱりあの人の子だな」そういわれるのが何より誇らしかったのだ。でもいつからか成長とともに負けることが多くなる、勉強より運動よりみんなを飽きさせないようにと、馬鹿なことを繰り返すうちに周りに誰もいなくなった。

「空気の読めない痛い奴」が周りからの評価だ、ふと思った。
「学校に行きたくない」と、いつの間にか不登校になっていた。

自分は父と母に見捨ててほしかった。「お前なんか愛していないと」ふさわしくないと認めてほしかった。だけど、結局俺は俺を見捨てなかった。

それは異世界で自分を支えてくれた少女がいたから

「俺はゼロから歩き出すと決めた」と。そんな息子に父親は、盛大なかかと落としを頭上へ決めることで答えた。父は

「お前がどんだけ鈍感で馬鹿でアホでもお前を見捨ててやらねぇ、俺はおやじでお前は息子なんだから」と答える。

続けて「わかってくれたならいいさ、将来俺と母さんをしっかり養ってくれよ」と。

突然スバルは理解した。今までの全部を許してもらって、ここまで育ててもらって、何も返せないことに、自分はもう元の世界に戻れないことに。

「ごめん、ごめんなさい、ごべんなざい・・」涙が止まらなくなっていた。

「いつまで経っても、お前は手のかかる息子だよ、まったく・・・」

父親の胸に抱かれスバルは小さな子供のように泣きじゃくった。

次回へ続く・・・


漫画「第四章 聖域と強欲の魔女」の評価は?

また、絵がきれいでとても好きとか、かなり高評価です!

まとめ

第6話は「墓所の試練」によって自らの過去と対峙することになったスバルの話です。いままで明かされることのなかった異世界転生前のスバルの話、続きが気になります、来月号が楽しみですね!!

あわせて読みたい

リゼロ5章のネタバレ記事になります。Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)の「第五章」水門都市プリステラのネタバレとなってます。 2020年4月から始まる「リゼロ」テレビアニメ2期。第四章は間違いなく映像化されますが、第五章まで[…]

リゼロ【第五章】ネタバレ!