リゼロ【襟ドナ】とは?いったい何?

Re:ゼロから始まる異世界生活(通称:リゼロ)原作小説の最新刊は21巻まで刊行されており、物語は第6章に入りました。今回は第5章から新しく登場した「襟ドナ」について調べていきます。

スポンサードリンク
Re:ゼロから始める異世界生活 29巻!
大人気Web小説!
最新刊2022年3月25日発売です!
第七章 最新刊はこちらをクリック!!


Re:ゼロから始める異世界生活29 (MF文庫J)
「こいつは、ルイは……『暴食』の大罪司教だ」
『九神将』ヨルナ・ミシグレの調略のため、
魔都カオスフレームへ向かったナツキ・スバルを未曽有の異変が襲う。
『幼児化』という危機に対し、異変を企てた敵が提案するのは、
都市全域を舞台とした『かくれんぼ』の勝負だった。
始まる新たな『死』の螺旋、縮んだ手足と焦燥感を引きずって走り続けるスバルは、
ついに連れ歩く少女――ルイの正体の一端に触れることとなる。
それは、許されざる”大罪”との向き合いを意味していて――。
「死にたくなかったら、俺から離れるな。俺も、お前を死なせたくない。……今は」
大人気Web小説、無垢と退行の二十九幕。――
俺を奮い立たせる。皆との絆と、君の声が。

「襟ドナ」とは?

襟ドナとは第五章の終盤で正体が明かされた、アナスタシアの上品な白狐の襟まきに擬態している人工精霊。創造主は「ベアトリス」とおなじ「強欲の魔女 エキドナ」です。

なまえは「エキドナ」と名乗っています。

現状、アナスタシアを大罪司教から守るための緊急処置として、彼女と入れ替わったが元に戻れなくなってしまっている状態。

「襟ドナ」というのはスバルが「エキドナ」と区別しやすいようにつけたあだ名のようなものです。 「襟ドナ」は「エキドナ」のことを創造主と呼んでいます。

欠陥だらけのペア

人工精霊である「襟ドナ」だが、通常の精霊と違い欠陥をもっています。

  • 人と契約できないこと
  • 魔法を駆使しての自衛ができない
  • 得意なのは気配を隠すこと

またアナスタシアも重大な欠陥を抱えています。それは生まれつきゲートの機能に欠陥があり、大気中のマナを取り込むことができないので慢性的にマナ不足となっている状態なのです。


今後の展開

第六章ではアナスタシアをもとに戻す手段を探すため、プレアデス監視塔へ行くことを提案しました。そしてエミリア陣営と協力して知らないものは無いといわれている「賢者シャウラ」へ会いに行くことになります。

第六章はまだ始まったばかりですので、これからの展開が楽しみです!!

幼き日のアナスタシアが、可愛い猫の三姉弟を手に入れるために奮闘し、運命と出会う『カララギガール&キャッツアイ』が収録されている「Re:ゼロから始める異世界生活 短編集5」もあわせてどうぞ!